せんだい横丁クルージング

★★★仙台中心市街地の横丁界隈で、2010年7月に開催★★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【当日レポート⑧】-酷暑の候・・・-「横丁×イノウタダタカ」

『せんだい横丁クルージング』開催期間の7月19日~25日は、
連日30度超えの猛暑!酷暑!

そうした過酷な環境のもと、
9つの横丁をめぐるスタンプラリー「横丁×イノウタダタカ」は開催されました。
イノウタダタカ9

テーマに合わせて、3つのコースを設定し、
参加者の皆さんに受付時に選んでいただきました。
①原風景コース
 ・・・横丁に残る懐かしい風景を辿りながら歩きます。
②ミステリーコース
 ・・・横丁には、よーく見ると不思議なものばかり。
  「ナゼ??」という気持ちと一緒に横丁をクルージングしてみてください。
③アニマルコース
 ・・・横丁の中で動物たちがかくれんぼ!
  こっそり隠れています。見つけられるかな?
スタンプラリー台紙

各横丁には誘導案内板を設置し、その中にスタンプを置きました。
イノウタダタカ5
↑東一市場前

イノウタダタカ7
↑仙台銀座入口

イノウタダタカ8
↑仙台朝市。ど真ん中に置かせていただきました!

イノウタダタカ2
↑壱弐参横丁前。皆さん、突然出現した案内板が気になっている様子。

この誘導案内板には、
各横丁に対するコメントが書き込めるようになっていました。
イノウタダタカ3
横丁に対する想いを、多くの方に書いていただくことができました。

イノウタダタカ4
大きく開いた丸穴。
横丁の風景も、いつもと違って見えます。

スタンプラリーを見事達成された参加者には、
こちらの景品を進呈!!

キーホルダー
このスタンプラリーを企画した東北工業大学の学生が、
津山町の「モクモクランド」と共同で製作した特製キーホルダーです!
「横丁」と書いてありますが・・・
よく見ると、平仮名で「せんだい」って書いてありますっ!!

お豆の気持ち
そして、昨年の通町のプロジェクト「まちあるき日和」でも大好評だった、
“街歩きのお供”こと「お豆の気持ち」(味噌飴)が今回も登場しました!
味噌で塩分補給★(←今回は本当に大事なポイントでした。。。)

多くの皆さんに、
横丁の魅力を再発見する機会になったと思います。
暑い中ご参加いただき、ありがとうございました!!

スポンサーサイト

PageTop

【当日レポート⑦】「散文散歩」ライブ編

7月25日(日)は13時からアップルストア仙台一番町にて、
創作した詩のリーディングライブが行われました。

機材を搬入して、開演に向けてお店の中で準備です。
散文散歩 ライブ1

いつもとは違う店内の雰囲気に、お客さまも気になっている様子。
散文散歩 ライブ2

アップル社の製品に囲まれて、いよいよライブスタートです!
散文散歩 ライブ6

武田さんの優しい言葉と声が店内を包みます。
歩いたことのない道、知らない場所、誰かの記憶・・・
不思議な浮遊感で、全てを俯瞰できそうな心持ちになります。
散文散歩 ライブ5

多くの方が足を止めて聞いて下さいました。
散文散歩 ライブ3

街歩きに参加して下さった方のお姿もあり、嬉しい限りです。
散文散歩 ライブ4

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

PageTop

【当日レポート⑥】「散文散歩」おしゃべり編

ことば屋には連日たくさんの方が訪れてくださいました。
散文散歩 創作5

散文散歩 創作4
いろは横丁を散策中に偶然見つけて下さった方も多く、
興味津々で眺めていってくださいました。

街歩きに参加して下さった方も、
後日武田さんの創作現場を見にやって来てくださいました。
散文散歩 おしゃべり2

参加者自作の詩を武田さんがチェックする場面も。
散文散歩 創作6

1週間限定オープンでしたが、
ことば屋はいろんな人との出会いの場となりました。

PageTop

【当日レポート⑤】「散文散歩」創作編

参加者による街歩きが終わって、
ライブリーディングが行われる7月25日(日)までの4日間、
ことば屋に武田さんが常駐し、
参加者のためのオリジナルの詩を創作しました。

ことば屋のホワイトボードには、
日々たくさんの言葉が武田さんの手によって書き込まれていきました。
散文散歩 創作3

散文散歩 創作1

散文散歩 創作2
これがどのような形になって仕上がるのか、とても楽しみです!

散文散歩 創作
鋭意創作中!
愛犬ミルクもじっと見守っています。

PageTop

【当日レポート④】-記憶を重ねながら歩く-「散文散歩」街歩き編

「散文散歩」は、
詩人の武田こうじさんがつくった横丁の詩を携えて参加者が街をめぐり、
その体験を武田さんに伝え、
それをもとに武田さんが新たに詩を創作する、というプログラムです。

まずは、7月19日(月)と20日(火)に、
参加者の皆さんには、武田さんの詩とともに9つの横丁を歩いてもらいました。

参加者の皆さんには、まず「ことば屋」に来てもらい、
それぞれの横丁の詩が詰まった詩集をお渡ししました。
ことば屋

また、武田さんが参加者と1対1となって詩の朗読が行われました。
参加者は、音の余韻とともに9つの横丁をめぐる街歩きに出掛けていきました。
散文散歩 WS3 散文散歩 WS2
散文散歩 WS1 散文散歩 WS4

参加者の皆さんは、
気温が30度を超える炎天下の中、
2~3時間の街歩きを終えて、無事にことば屋に戻ってきてくれました!
散文散歩 WS5
↑「散文散歩」詩集も、既に使い込まれた感じになっています!

皆さん自分の詩集に、
歩いて感じたこと、思い出したことを書き込んでいました。
武田さんも熱心に読み返しています。
散文散歩 WS6

書き込まれたメモをもとに、
参加者と武田さんが対話しながら創作のイメージを膨らませていきます。
散文散歩 WS8

他の参加者も続々戻ってきて、ことば屋も賑やかになってきました。
散文散歩 おしゃべり

さて、ここからが武田さんの正念場です!
残り4日間で、
参加者それぞれのオリジナルの詩を創作しなければなりません!

時間との戦いですが、とても楽しみです!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。