FC2ブログ

せんだい横丁クルージング

★★★仙台中心市街地の横丁界隈で、2010年7月に開催★★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

気になる場所で、気にしていること。

武田こうじさんとの横丁歩きの途中、
東一市場のボタン屋さん「まつねボタン」に立ち寄りました。
まつねボタン

こちらの奥さまには、
「オモイデカフェ」の取材でお話をうかがったことがありました。

この日は突然お邪魔した形になってしまいましたが、
「この店にいると、こうやってお話できるから楽しいの」
と、お店を構えた当初のことや、東一市場に住んでいたときのことなど、
たくさんお話ししてくださいました。

武田さんのご実家と同じエリアに松根さんのご自宅もあるようで、
「そういえば、家を建てたときに知人から頂いた額が気になってて・・・」
という話に。

それは書道の作品で、
「門三」という落款が三箇所に渡って押されており、
見た目にも珍しいものなのだそうですが、
果たして「門三」とは誰なのか・・・ということが、
ここ最近気になっているとのこと。

奥さま「“愛なき人生は暗黒なり”とか書いてあったような・・・
    字も言葉もいいのよ~~」

こちらも俄然、気になってきましたっ!
というわけで、早速武田さんがiPhoneで検索開始!
まつねボタン2

そして・・・
まつねボタン3
武田さん「もしかして、“蓮沼門三”ではないですか??」
 奥さま「そう!蓮沼よ!!」
武田さん「どうやら喜多方市の名士みたいですよ!」

蓮沼門三(1882-1980)は、
現・喜多方市出身の社会教育家で、
70余年にわたり日本の社会教育の形成・発展に尽くした方なのだそうです。

“愛なき人生は暗黒なり”というのは、
蓮沼門三が残した「誓願」という詩の一節で、
松根さんがお持ちなのは、生前に門三氏が書いた直筆の書!!
松根さんのモヤモヤが晴れたと同時に、
すごい発見です!!!

奥さま「“いんたーねっと”って、すごいわ~~~★」

街は驚きに満ちています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。