せんだい横丁クルージング

★★★仙台中心市街地の横丁界隈で、2010年7月に開催★★★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【当日レポート④】-記憶を重ねながら歩く-「散文散歩」街歩き編

「散文散歩」は、
詩人の武田こうじさんがつくった横丁の詩を携えて参加者が街をめぐり、
その体験を武田さんに伝え、
それをもとに武田さんが新たに詩を創作する、というプログラムです。

まずは、7月19日(月)と20日(火)に、
参加者の皆さんには、武田さんの詩とともに9つの横丁を歩いてもらいました。

参加者の皆さんには、まず「ことば屋」に来てもらい、
それぞれの横丁の詩が詰まった詩集をお渡ししました。
ことば屋

また、武田さんが参加者と1対1となって詩の朗読が行われました。
参加者は、音の余韻とともに9つの横丁をめぐる街歩きに出掛けていきました。
散文散歩 WS3 散文散歩 WS2
散文散歩 WS1 散文散歩 WS4

参加者の皆さんは、
気温が30度を超える炎天下の中、
2~3時間の街歩きを終えて、無事にことば屋に戻ってきてくれました!
散文散歩 WS5
↑「散文散歩」詩集も、既に使い込まれた感じになっています!

皆さん自分の詩集に、
歩いて感じたこと、思い出したことを書き込んでいました。
武田さんも熱心に読み返しています。
散文散歩 WS6

書き込まれたメモをもとに、
参加者と武田さんが対話しながら創作のイメージを膨らませていきます。
散文散歩 WS8

他の参加者も続々戻ってきて、ことば屋も賑やかになってきました。
散文散歩 おしゃべり

さて、ここからが武田さんの正念場です!
残り4日間で、
参加者それぞれのオリジナルの詩を創作しなければなりません!

時間との戦いですが、とても楽しみです!!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。